FC2ブログ

それで...

1曲、出来た~、って思っていても、
いややっぱり、ここは、この言葉にしよう、
いやいや、こっちにしよう!

試行錯誤を繰り返す。

12月の幼稚園で歌うための曲を作ってから、
しばらく間があいたなぁ。

すごく新鮮な作業。

気になるし、眠れるわけがないし。

メロディは、割とすぐに固まるんだけど、
歌詞だけは、いつも悩みに悩む。

ひと言、差し替えるだけで、
前後のドラマが変わってしまうもん。

心の柔軟体操をしながら、
ストンと、感覚に降りて来る言葉を選ぶ。

そんなことなので、いつ出て来るかわからないから、
歌詞を書いた紙と鉛筆のセットを、
常に、目が届く場所に置いておく。

作り出すと止まらなくて、
どんな用事があっても、
できるだけ創作活動を優先!

一昨日から、平気で、家事は手抜きです。
(計算作業も一時停止で、後が怖い~)

こうして、ブログを書いているうちに、
最近流行の、深夜、深夜。

こっそり、裏口から、顔を出して、
雨が甘いか、確かめてみよう♪

今なら、
挙動不審じゃないのよ、
曲作りのために、感性を大切にしてるのよ、
って言えそうだわ~、って誰に?

俄然(がぜん)!

ライブに向けて、完全にスイッチオン。

春の日、満開の桜、
Uncle Jamさんのステージ、
そして、
ギターの音色を浮かべて、
創作活動に励む。

私は、この人のために歌いたいなぁ、
って思うと書けることが多い。

今日、ライブの「絵」が見えたから、
嬉しくて嬉しくて、俄然、張り切る。

「この人」の顔も浮かんだから、
俄然、張り切る。

今度は、
どんな言葉と、どんなメロディに出会えるんだろう。

心の奥に、
細い光の筋たちが、
サーッと差し込んで来た気分。

コツ

もしも、今日、夢が叶わなくても、
「明日は、きっと夢が叶ってる!」

こう思うことが、希望を育てるコツ。

今日、夢が叶ったのなら、
「明日も、また夢が叶うはず!」

こう思うことが、希望を、もっと育てるコツ。

希望は、誰も運んで来てくれないから、
自分で育てなきゃね。

コツがわかれば、ひたすらGOGO!

ただ、私の場合、育ち過ぎて、
扱いに困ることがあります。

丑三つ時の私

立派に、夜中です。

最近、これぐらいの時間に、色んな作業をしてる。
文章を書いたり、曲を聴いたり、構想を練ったり。

ここのところ、コーヒーじゃなくて、
ずっと、ジンジャーティ。

生姜が欠かせない毎日。

一々、すりおろすのが面倒だから、冷凍してるんだけど、
結構、あっという間に、なくなってしまう。
身体がポカポカしていくから、いい感じ。

「丑三つ時」って書くと、何だか神秘的?

夜から、朝に変わっていく準備の時間。

「もう、いい年齢なんだから、ちゃんと眠らないとアカンよ」
って、心配されそうだけど、
適度に調整しているので、ご心配なくね。

昨日は、夜中の空気も、甘いことに気がついた。

周りの音がないし、朝の甘さとは微妙に違う!

家の裏口からそっと出るでしょ。

それで、雨よけの、透明の屋根越しに、夜空を見上げて、
そっと深呼吸するでしょ。

ほら~、甘い、甘い!みたいな。

こんな楽しみを見つけることができるなんて、
思ってもみなかったわ、ふっふっふ。

...ってなわけで、
丑三つ時の、怪しげなヒカリさん。

立体化で、爆発ハッピー

朝から、2時間で、
ギャザースカートを縫う。
(私のスカートじゃないよ)

余り布で、ヘア飾りも!

超久しぶりに、ミシンを踏んで、
爆発ハッピー。

1枚の布地を、立体化させる作業は、
本当におもしろい。

物語を作るのも、曲を作るのも同じかな。

心を広げて、言葉やメロディで、
立体化させる。

そろそろ、
本業の方でも、爆発ハッピーになりたいんだけど~♪

覚悟

長い間、大きな緊張感と共に、
たくさんの舞台で、修羅場をくぐってきたことを、
すっかり忘れる。

プライベートでも、色々な壁を越えてきたのに。

時に、目先のことで、ウロウロする“今の私”を、
「ちょっと、あんた!これしきのことで、悩むんじゃないわよっ!」
と、叱咤激励する“昔の私”。

怖がることは、何もない。
怖いものも、何もない。

ここまで来たんだもの。

こういうブログを書くと、
ははん、ヒカリさん、何かあったのね、
って思うでしょ。

あった、あった!

ちょっとした現状に、振り回されちゃって、
危うく、築いた希望が崩れそうになったし。

歩んで来た道を振り返ると、熱くなる。

昔の私に、背中を押してもらって、勇気を倍増。

そして、逆風を、追い風に変身させてみせるのよ、と意気込む。

何もかも、“これしきのこと”にするのは、私自身。

いつもの台詞が言えたら、もう大丈夫!

頑張るよ。

そんなバナナ

今日、初めて会う仕事関係の人と、
某駅の改札口で待ち合わせ。

事前に、
「私はハンチングをかぶっていますので、見つけてくださいね」
と、メールをしたら、
「了解しました!」との返信。

約束の時間に、待ってたんだけど、
周囲にハンチングをかぶっている女性もいないことだし、
これは、すぐに私だってわかってもらえるはず、
と思って、安心してたの。

しばらくして、
「あの~、ヒカリさんですか?」
と、声をかけられ、無事にご対面。

喫茶店に入って、話がはずんできた頃、
「実は、私、ヒカリさんが、
ハンカチをかぶって待っていると思ってたんです」とのこと。

「は?ハンカチですか?」

「ハンチングだったんですねぇ」

「いくら何でも、ハンカチはかぶらないでしょう!」
と爆笑の私。

「いや、でも吉本のご出身だから、あり得るかなと思って...」

どうも、メールを読み違えたらしい。

Kさん、そんなバナナ!
っていうか、恐るべし、お笑いの経歴っ!

こっそり更新

たまに、こっそり更新の写真ブログはこちら→なないろ一座のブログ

一座情報より、もっぱら、私の趣味の世界になってるし、汗。

たまに、皆さん、見てね。

あんた誰やねん

朝から、黒ちゃんのブログを読んで、なるほど~。

昨日のオンエアを見て、
「今 足りないもの」に気づいたらしい。

要約すると、
「マイクを通して、
いかにいい声を出すかを追求してきたけど、
オンエアを冷静に見て、
ねじ伏せるような歌じゃなく、
風が運ぶような歌を歌いたい、って思った」
というような内容。

いいねぇ、黒ちゃん!
ってあんた誰やねん。

超メジャーなのに、偉いねぇ、黒ちゃん。
大人になってきたねぇ、黒ちゃん。

だから、あんた誰やねん。
(同じ、堺市の第8学区の出身っていうことでよろしく)

大昔、お笑い仲間と、ディスコに踊りに行った時、
東京の芸人さんも何人かいたの。

ウッチャンナンチャンのことを全然知らなくて、
明らかに、私より年下っぽかったし、
売れない新人だと思い込んでいて、
「自分ら、頑張りや!」
って励ましたら、嫌な顔をされた。

後でわかって、ヒヤヒヤしたし。

そう、私は昔から、あんた誰やねん。

ん?ちょっと違う?

とにかく、黒ちゃんの声が好きなのは、
メジャーでも、
こういうことも、ブログに書く謙虚さとか、
いいかっこしないところとか、
そういうのも含めて、好き。

もしも、黒ちゃんに会う機会があったら、
「自分、なかなかいいもん持ってるで。
この調子で頑張りや!」
って、ポンポンと肩を叩きながら、
励ましてあげよう。

生のライブ

コブクロのマイクを使わないライブ。

たった数曲のオンエアだったけど、
黒ちゃんの声に、口をポカンと開ける。
(客席の女子たちと同じ顔だったような...)

生の声は、息が伝わってくるから好き。
そのままなんだから、飾ろうにも、飾りようがないもの。

歌い始めた4年前、マイクの扱いに戸惑った。

ずっと、生の声で、朗読をしていたからね。

それまでは、使っても、
フットマイクでフォローするぐらいだった。

マイクを通して、耳に入る自分の声が、
“嘘をついた声”に聴こえて、なかなか慣れなかった。

今は、どっちもOK。

子どもたちの教室は、マイクがないし、
体育館やライブハウスは、マイクを使う。

どっちでも、私を出せるようになった。

でも、やっぱりマイクがない方が好き。

今年の初ステージのお客さんは、
小学2年生の子どもたち。

今月の中旬に訪問するの。

自分の生の声に、心をすますと、
何が見えるんだろう。

幸せな瞬間を、待つ時間も、幸せ。

鬼と福についての考察

娘の友人が、コンビ二でバイト中。

「巻き寿司販売のノルマ達成に、協力してあげて~」
との娘の訴えに、応えてあげましょう。

今年は、某コンビ二の恵方巻き。

私は、食べやすくするために、ブツブツ切りました。

「お母さん、切ったらアカンやん!」
と息子。

今日は、特にお願いごとをする日でもなし、
ただ、巻き寿司を食べる日っぽい感覚なんだけど。

私の場合、毎日「願いを叶えるために」過ごしているので、
あえて、お願いはしないんだけど。

まぁ、可愛げのないことを言わずにって?

ほんと、可愛くないなぁ。

「泣いた赤おに」と「島ひきおに」に影響を受けて、
自作の「鬼と花の群れ」に、心優しい鬼を登場させた私。

鬼の“働き”は、出て行ってもらいたいけど、
悪いことをしない鬼を、忌み嫌うのはどうなんだろうって、
子どもの時から思ってた。

本の影響って大きいね。

運ばれて来た“福”は当てにならないから、
自分が“福”を創り出す、ってどうよ?

どうやったら創れるの?って聞かれると、
そうだよねぇ、になるんだけどさ。

鬼にも、福にも、ぐうたら言ってる私は、
とことん可愛くないざんす~っ!

ひねくれ者の、節分の日。

何てことのない日なんだけど

もう日が暮れたし。

「へ?さっきブログを書いたところじゃないの?」
っていうぐらい、
時間が経つのが早かった。

すっかりお姉ちゃんの次女と、
遊び盛りの長男が、
宮崎アニメのDVDを、仲良く見てるんだけど、
声だけを聞きながら、晩ご飯の準備。

少し前にできた詩に、メロディをつけようと思って、
ピアノの前に座るも、進まず。

無理はしたくないから、や~めた。

一見、平凡な日。

こんな日のことは、記憶には残らないんだろうなぁ。

でも、本当は、
今日も、気持ちはいっぱい動いていたのよ。

何の思い出にもならない日だけど、
心の奥には、今日、悩んだことや、
ときめいたことが、ちゃんと刻まれてるはず。

テレビでは「忍たま」が始まったし。
(習い事も、塾もない日は、
息子がテレビを独占いたします!)

夜が更けるまで、まだ何時間もあるから、
過ごし方によっては、特別な日にもなる?

うーん、今日は、このまま、
穏やかに過ごすことにするわ~。

一見、主婦のようなヒカリさんの一日。
(主婦じゃないの~?)

数字がクルクル

今日も、空気が甘い!

洗濯物を干しながら、何度も深呼吸。

また、浜までタッタッタって走りたいな~。

次に、歌う場所が決まったので、
そこに向けて、心の調整を開始。

2011年は、子どもたちの前から出発できそう。

めっちゃ、楽しみだし!
...って言いながら、
「ところで、ヒカリさんは、毎日何をしてるんですか?」

「確定申告の時期なので、数字と格闘中です!」

年に一度の、数字まみれの数日間。

自営業の皆さん、頑張りましょう。
公演・楽曲等のご案内

ひかり 

Author:ひかり 
詠語り人ひかり
(うたがたりびとひかり)と
NANAIROWORLDは
なないろプロダクションの
登録商標です

※ブログ内の、写真、文章の転載を禁じます

★公演のご案内★

2020年2月16日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「アンナ・カレーニナ」

2018年11月18日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「レ・ミゼラブル」
※終了しました

★楽曲のご案内★
(SWAN SONG INCより)

セカンドシングル
『僕が愛する道』完成!
試聴はコチラ 楽曲試聴
※2018年9月5日リリース

『愛しいあなたへ』『僕が愛する道』は、Amazon、iTunes、レコチョクなどの大手配信サイトからご購入いただけます
楽曲のタイトルで検索を!

★ワークショップ★
受講生募集中!
ひかりの創作童話ワークショップ