FC2ブログ

素足

浜辺で、数時間。

こんなに長く、海で過ごしたのは何年ぶりかなぁ。

頭の中で、クロスしていた色々なことが、
だんだん消えて行って、
もう、本当に、ゆっくりと深呼吸をすることができました。

5月の中旬、ちょっとショッキングな出来事があった。
自分の生き方を顧みることになって、
きれいに生きたいって心から思った。

それから、周りの人たちに対してや、
出会った人たちに対して、
まっすぐにまっすぐに、向き合ってきたの。

過去にまで向き合った。

何に自分を見出しているのかが、わからなくなる時もあったんだけど、
迷った時は、誠実に向き合うことを試みました。

ただ、ひたすら、きれいに生きたかったから。
許容範囲を超える時は、覚悟を決めて包む。

誰かから、どう見られているかじゃないのよ。

そうして過ごしていて、夏に入って、
幸い、CDを作るっていう具体的な作業があったから、
その試みが、重みになることはなかったの。

東京に戻る決断をしたのも、そんな流れの中。

何となくの道が見え始めた時、
この数ヶ月で構築された私は、どんな私だったのかと気になり始めました。

でも、やらなきゃいけない“責任ごと”に追われていたから、
そのうち確かめられればいいかなって思ってた。

昨日、さらさらした砂の上を素足で歩きながら、
もしかして、私は、変わった?っていう感覚になった後、
たくさんの、大事なことを取り戻せました。

取り戻せた私は、前より強くなってた。

明らかに、目線が変わってた。

想定外の瞬間に、自分を確かめることができたから、
結構、胸が鳴ったよ。

そして、気がついたことは、実は、色々なことに向き合いながら、
色々な“恐怖”と闘っていたんだということ。

怖いっていうことに意識が行かなかったのは幸運。

きっと、助けてくれる人がたくさんいたからだね。

不思議にも、海の風は感じなかった。
いつも、風ばっかり気になるのに。

残ったのは、砂の感触。
歩きながらの感触。

一緒にいた息子は、ずっと砂遊び。
海を見続けることはせずに、
足下の砂で、一心にお城を作っていました。

「きれいに生きることは、強く生きること」

悩みでボロボロになった時に、
尊敬する人からかけてもらった言葉。

もう一歩、深い想いで、きれいに生きていきたい。

この5ヶ月、恐怖心に振り回されずに来れたんだもの。
もし、風が吹かなくても、風を起こせなくても、大丈夫。

砂遊びに飽きた息子は、石切りに夢中。
やっぱり、海を見ていなかったし、
風が気になっている様子もありませんでした。

足にまとわりついた砂を、愛おしく思ってる私とは対照的に、
「砂が細かいから、全然取れないし!」ってブツブツ。
面白いね。

今日から、何事もなかったように、心を集めて回ります。

私にとっての、大事な大事なステージが待っているから。

こっそり打ち明けると、
今までとの大きな違いは、素足で歩けるようになったことだよ。

めんどくさいなぁ、わけがわかんねぇ、
って思った人には、ごめんなさいの、今日のブログ。
公演・楽曲等のご案内

ひかり 

Author:ひかり 
詠語り人ひかり
(うたがたりびとひかり)と
NANAIROWORLDは
なないろプロダクションの
登録商標です

※ブログ内の、写真、文章の転載を禁じます

★公演のご案内★

2020年2月16日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「アンナ・カレーニナ」

2018年11月18日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「レ・ミゼラブル」
※終了しました

★楽曲のご案内★
(SWAN SONG INCより)

セカンドシングル
『僕が愛する道』完成!
試聴はコチラ 楽曲試聴
※2018年9月5日リリース

『愛しいあなたへ』『僕が愛する道』は、Amazon、iTunes、レコチョクなどの大手配信サイトからご購入いただけます
楽曲のタイトルで検索を!

★ワークショップ★
受講生募集中!
ひかりの創作童話ワークショップ