FC2ブログ

私の『レ・ミゼラブル』

IMG_6191_convert_20181020140749.jpg

今年の7月に、日本で翻訳出版された、
『世紀の小説『レ・ミゼラブル』の誕生』
(デイヴィッド・ベロス)。

大切な友人、Tちゃんが出版を教えてくれたの!
大感謝よ~。

あまりにも、お馴染みのコゼットが表紙になっていたので、
ちょっと抵抗あり。

はずしてみると、私の好きな赤。

上品な装幀。

こうでなくっちゃ。

「ユゴーが第二部第一篇で伝えたかったことの意義、
および、それが今日にいたるまで、批評家、舞台と映画の製作者、
翻訳者、編集者から軽んじられてきたことに鑑み、
真のスタートから始まる新しい映画版を提案したい。
それはこんな具合になる。」(P.217)

とあって、その後にはデイヴィッド・ベロス氏が、脚本を少し書いている。

なるほど、こうでなくっちゃ。

で、私の『レ・ミゼラブル』。

舞台を観た後に、
本を読んでみたいって思ってもらえるように書きました。

上演時間には限りあがあるし、
思い切って(泣く泣く)カットしたところも多くあるんだけど、
原作重視で、納得の構成。

ミュージカルや映画を知っている方は、
え?そこを読むの?
え?そこはそうなるの?
え?そこを歌うの?
になると思う。

はいここです、みたいな。

絶対に、「軽んじたくない」芯となる部分は、
しっかり押し出しています。

ユゴーを敬愛している私にとって、
過度な演出や、原作とはほど遠い、
ゴシップ的な人物像が描かれている作品の存在は、
悲しくなるのよ。

こんな“レ・ミゼラブルの表現者”が、
日本にいてもいいんじゃない?

……と、初演なので、ちょっとした打ち明け話。


公演・楽曲等のご案内

ひかり 

Author:ひかり 
詠語り人ひかり
(うたがたりびとひかり)と
NANAIROWORLDは
なないろプロダクションの
登録商標です

※ブログ内の、写真、文章の転載を禁じます

★公演のご案内★

2020年2月16日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「アンナ・カレーニナ」
※終了しました

2018年11月18日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「レ・ミゼラブル」
※終了しました