FC2ブログ

4月5日、楽日の東京リポート②

朝、起きた時から、「下へ下へ」の感覚。
ん?
眠いわけでもなく、ぼーっとなってるわけでもなく、
なぜか、「下へ下へ」。
でも、重い感じもなく。

9:10にホテルをチェックアウトをして、
駅前のスタバへ直行。

「キャラメルマキアートのアイスをください」と、
べたべたの大阪弁アクセントで言ってしまってから、
ここは東京やん、と気づくこと。

は?と聞き返されることが多いし、通じないこともあるので、
東京では、お店に入ったら、なるべく共通語っぽくしゃべるんだけど、
油断して、普通に注文してしまう。

ちょっと気を使って、「ごめん。バリバリの大阪弁で通じる?」
とお店の男の子に聞いたら、
「全然OKっす。僕、大阪出身ですから!」

「うわ、ほんま?東京で朝から素でしゃべれるなんて、
めっちゃ幸せやわぁ~っ!」
となりました。

こんな些細なことも、私の場合、“自分への風が吹いた”と思って、
「さい先がええやん」。

いきなりテンションが上がって、
今、発売中のトートバッグを買ってしまった。
荷物になるのに、何でわざわざ東京で買わなあかんねん。

本日の食事も、米八さんのお弁当。
全員の分を購入して、
10:35アール・コリン入り。

愛花ちゃんは、先に来て、お掃除をしてくれてる。
優秀、優秀。

劇場に入って、「下へ下へ」の正体が判明。
「根がはえて」、「地に足をつけてる」感覚になって、
「下へ下へ」と重力を感じてたのかぁ。
(皆さまにはご理解いただけないかも。すんません)

2日目にして、しっかりと劇場の住人になれたんだと思うと、
ひゃっほ~っ。
こうなると最高の声が出る、っていうのは、長年の経験からの確信。

冷静に、昨日の反省を生かした流れに変え、
照明の最終チェックを終えて、お昼ご飯。

昔は、舞台っていうと食欲がなくなって、
公演後は体重が2、3kg減が当たり前。
でも、今は、食べなきゃもたないことを知ってるので、
食べることも仕事のうちだと思って、
入る物はどんどんお腹に入れるように。
ずい分、賢くなったひかりさん。

あれよあれよと言う間に、開場10分前。

今日で終わりかぁ、なんていう感傷に浸ることもなく、
あくまで冷静に、劇場内をうろうろして、
感覚の確認。
(「感覚の確認」を早口ことばで3回どうぞ)

13:30開演。

舞台の下の地面から“生えて”きたような声に自分でびっくり。
声を上げようと思っても上がらない!
しばらく格闘してみたけど、
今日は、きっと低音の日なんだと受け止めて、
徹底的に地を這いながらの声を出したの。

物語の途中で、誰になってるのかがわからなくなるぐらい、
自然体で文章に乗ることができて、ビバ!

これを味わいたかったのよ~っっっ!

ずっと、舞台朗読に取り組んできて、
文章に乗ることを、身体が覚えてたんだけど、
オリジナル作品では、まだできなかったの。
それが、実現したので、ビバ!

波に任せて、読み切って歌い切り。
爽快、爽快、非常に爽快。

お客さまのほとんどが友人だったので、
2部は、はちゃめちゃトークで、暴走しまくり。

たまたま通りがかって、入ってくださった方がいらっしゃったんだけど、
その方の了承を得て、“身内ライブ”。

たっぷりしゃべって、たっぷり歌って、
約2時間強。

いい加減、お客さまを解放してあげなきゃ、と、未練を残して
15:45終演。

楽しかった!
お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

そして、黙々と撤収作業。
一段落して、がらんとした劇場でスタッフの方々と車座になって、乾杯!
Gちゃん、Kちゃん、J、
「チームなないろ」の臨時スタッフになってくださって、
本当にありがとうございました。
あなた達のおかげで、何の心配もなく、舞台に専念することができました。
愛花ちゃんも、どうもありがとうね。
一緒に過ごせて嬉しかったよ。

新幹線の時間が近づいたので、お別れ。
やっぱり、感傷に浸ることなく、普通にお別れ。

東京だからって、力んでない自分がいて、
これが今回の大きな収穫。

19:30発の新幹線で、帰路。
車中では、もちろん、“特製コーヒーフロート”でしょ。

録音した朗読をチェックして、
次の舞台への構想をふくらませるひかりさんは、
かなり偉い。

私の座席の周りだけ、あまり人が座っていなくてゆっくりできたことも、
新幹線に「お疲れさま」って言ってもらってるような自分勝手な解釈。

22時過ぎに新大阪着。

CDを買っていただけたおかげで荷物が軽くなる、はずが、
差し入れにいただいたお酒達で、嬉しい重さ!
(ワイン好き、梅酒好きを覚えてくれていた友人達の真心にウルウル)
CDがお酒に変わるっていうのに笑ってしまう。

キャリーを引っ張りながら、階段をやめてエレベーターで降りようと歩いてたら、
向かいのホームで500系新幹線を発見。
うそ~、写真撮らなあかんやん。
鉄道好きの息子のせいで、いや、おかげで、
新幹線に詳しくなっていく私。
東京駅では、「こまち」が停車してたから、必死で連結部分の写真を撮ったっちゅうねん。
ごそごそとカメラを出して、妙なおばちゃん復活。
何て、律儀な母親なんだと我ながら感心。

そして、地元に到着。

最寄り駅から自宅まで、歩いて10分ぐらいなんだけど、
途中に桜の名所があるの。
2日間の間で、見事に満開になってて、本当なら嬉しくなるのに、
私のいない間に咲いたことに、淋しくなってちょっとすねてしまう。
でも、ライトアップされた桜が美し過ぎで、
ここは撮らないとだめでしょ。
ピンと来る木で立ち止まって、シャッターを切りまくり。

時計を見てギョッ。
20分は経ってるやん。
ほんまに、どこまで飛んでいくねん。

無事に家にたどり着いて、東京行脚の終了。

アール・コリンで終わって、
アール・コリンで始まった舞台活動。

ありがとうを言えた時、ありがとうが戻る先、
ありがとうで私が、ありがとうで始まる。

「ありがとうのワルツ」の気持ちでいっぱいに。

次回は11月に行きます!
皆さま、待っていてくださいね。

〈完〉

HIKARI NANAIRO WORLD
公演・楽曲等のご案内

ひかり 

Author:ひかり 
詠語り人ひかり
(うたがたりびとひかり)と
NANAIROWORLDは
なないろプロダクションの
登録商標です

※ブログ内の、写真、文章の転載を禁じます

★公演のご案内★

2020年2月16日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「アンナ・カレーニナ」

2018年11月18日
堺市立東文化会館
フラットホールにて
詠語りコンサート「レ・ミゼラブル」
※終了しました

★楽曲のご案内★
(SWAN SONG INCより)

セカンドシングル
『僕が愛する道』完成!
試聴はコチラ 楽曲試聴
※2018年9月5日リリース

『愛しいあなたへ』『僕が愛する道』は、Amazon、iTunes、レコチョクなどの大手配信サイトからご購入いただけます
楽曲のタイトルで検索を!

★ワークショップ★
受講生募集中!
ひかりの創作童話ワークショップ